mariko-nagahara.cocolog-nifty.com > 長原既刊本

『道草教室』第1巻

『道草教室』第1巻

人生初の挫折を味わい、長期化し始めたニート生活で途方にくれていたエマ、24歳。
そんな彼女がひょんなことから「先生」に!
 再び働き始めたところは「フリースクール」。
さまざまな事情から学校に行かない、行けない状態でいる子供たちの
『居場所』だった。果たしてここはエマの居場所ともなり得るのか?
また子供たちが学校に行かなくなった事情とは?

お嬢様学校に通っていた委員長タイプの女の子、
九州の男子校に通っていた売れっ子俳優の男の子、
エマに想いを寄せ始める男の子、
プチヤンキーのお坊ちゃま、

解決しない、解決できない人生の悩みをそれぞれ抱えつつ、
エマは彼らと向き合わざるを得なくなる。
そして見えてくる、彼女自身の悩みとは・・・。

ニートなエマとフリースクール「きりひと学園」の子供たちの
快適フリースクール物語。
(かっこいいので帯のフレーズを使わせていただきました!)
彼らの教室を少し覗いてみませんか?

書き下ろし制作秘話5ページを収録。
2006年11月13日発売!
講談社より定価410円

| トップページ |